www.affordgate.com

現実にパソコンの。画面の前でリアルタイムで上下動しているマーケットを見ていると理由無くエントリーをしなければならない衝動に影響される場面も多いと思います。だがしかし、不明瞭な思いでトレードすることだけは断じてしてはいけません。確かに、相場は四六時中どこかで外国為替相場が変化しているしレートも常に変動している。しかしながら、エントリーをするとそれだけ損をする危険が増します。当然の事ながら、売り買いの数を経験することによって次第に勝利する確率か半々になっていきます。しかしこれは「漠然とした感覚でトレード」することとは別の話だ。注文回数を増やす事の意味は、自ら「ここだ!」と考え付いた機会を得られた状況での取引回数を積み重ねるという事を意味します。ただ何となく、ひっきりなしに取引を積み重ねるのとは全く違います。マーケットの駆け引きに勝つためには己で意識的にメリハリをつけることが大事だ。「ここで勝負」と考えた市場の時には、覚悟を決めてポジションを積み増して利益を求めます。「何となく悩ましい市場で、どう上げ下げするのか思いつかないな」と感じた時は、潔く保持ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もしない。このぐらいのリズムをつけた方が注文は勝利します。外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがあります。まさにその通りです。取引とは売買ポジションを持つことが全部ではなく売買ポジションを保有せず静観していることもまた、必要です。じゃあ、どのタイミングで、休むといいのでしょうか。ひとつは、前述の通り、現在の外国為替市場が今ひとつよく見えない時。そこから高くなるのか安くなるのか明確でない時は、間違って判断すると、自ら考えたシナリオとは逆方向に相場が変動してしまい損失を被る事になります。このようなケースではポジションを減らして、そのまま見ているだけが最良の選択です。2番目に、自分の体調が悪いときです。体の状態と市場に関係がない感じる方もいると思いますが実は意外と関係があります。体の状態が思わしくなければ相場の大事な状況で、冷静な決断ができない。関心がわかない時は、市場から離れてみるのも重要な事です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.affordgate.com All Rights Reserved.