今の市場がしっかりと良く見えない時です

現実にノートPCの画面の前に座って、リアルタイムで上下している為替レートをご覧になっていると、すぐにトレードをしなくてはいられないという思いに煽られる方も多かったりします。過払金返還請求を恐れずに実行するには

だけど、あやふやな思いつきで取引するのは絶対に避けてほしい。ロスミンローヤル 評判

知っての通り、外国為替市場は終日、いずれかの国の市場がやっているし市場もどういう時でも動いています。

しかし、だからといって何度も売買をすると、その回数分だけ損失が生じる可能性が高くなってしまいます。

もちろん、取引の回数を積む事で少しずつ勝ち負けの確率か半々になるのは事実。

しかしこの事実は「なんとなくインスピレーションでエントリー」してしまうこととは別問題です。

エントリー回数を増やすという意味は、自ずから「ここはいける」と感じた勝算を得たケースでの取引回数を積むという意味です。

ただ何となく、ひっきりなしに取引を繰り返すのとは違います。

相場の勝負に立ち向かうためには、白分でよく考えてけじめをつけることが不可欠です。

「ここはいける」と思ったマーケットの時には迷わずポジションを増やして儲けを追い求めます。

「明らかに悩ましい外国為替相場で、どう上下するのか思いつかないな」と考えた時はいっそのこと所有ポジションをすべて見切りをつけて静観します。

それくらいの緩急をつけた方が結果的に売り買いはうまくいくものだ。

為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

本当にその通り。

FXとは、いつも売買ポジションを持つことが重要ではなく、どの売買ポジションも保持せず何もしないことも場合によっては、相場です。

それならば、どの場面で休む必要があるのでしょうか。

最初に言われるのが先述の通り、今の市場がしっかりと良く見えない時です。

これから高くなるのか安くなるのか見通せない時は思いつきで行動すると、自分で書いた筋書きとは異なった方向に外国為替市場が動いてしまい損失を被る事になります。

だから、そんなケースではポジションを無くして、様子をみるのがいいでしょう。

もうひとつは、己の体の調子が思わしくない時です。

体調と市場に関係性はないと思う人もいますが実際には思ったより関係があります。

体の調子が変な時は外国為替相場の肝心な場面で冷静な決定が出来ない場合があります。

気乗りがしない時はマーケットから目をそらす事も大事な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.affordgate.com All Rights Reserved.