クレジットが利用できないお店などでも遠まわし

残念な事に現実では大変たまにある事例を除いて金券の売店で買い物をしてもクレジットを用いる事が出来る店舗は100%に近い確率でありえません。

そういうため、VISA、Diners clubなどのギフト券を駆使した直接商品を買うのでないカードの例はろくには用いることは不可能です。

じゃあどういう手法を用いれば直接的でないカードが可能なのでしょうか?と聞かれればその手段とは現在、皆知っている電子マネーという総称のPASMO、QUICPay、またはICOCA、VISA Touch、nanacoなど。

まだほとんど知られていないが、このようなもの駆使して直接商品を買うのでないクレジットカードを行うことも出来るのです。

Edy、であったりSuica、VISA Touch、nanacoなどはクレジットカードで買い付けることが出来る券◇Edy(エディ)、QUICPay、だったりSuica、VISA Touch、nanacoなどに聞き慣れない者から見てみたら、自然と難しい第一印象を持っているのかもしれませんがこういった電子マネーというものはたとえるなら普通のギフト券なのです。

JCB、American Express、Diners clubなどのギフトカードとまるで変わりはないのです。

重ねてそういう電子マネーという物はカードを運用して簡明に換金する事ができる点がメリットであるのです。

またこれらの電子マネーという物は最近オンラインゲームの支払い筆頭に駅ナカや多種多様なショップ他といったところでも活用可能なようになってきているようだ。

「当店舗ではクレジットはお使いになれません」という風に明記していたような店舗での支払いでもPASMO、QUICPay、またはICOCA、nanacoなどなら使えるケースが色々あるのです(ローンポイントが堅実にもらえる)。

要するにクレジットが利用できないお店などでも遠まわしにクレジットを使用する手法で、カードポイント分だけ得てほしいという技術です。

普段通り高い買い物をするに限られていると獲得できないクレジットポイントであるため、運用法を確認して下さい。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.affordgate.com All Rights Reserved.