薬剤師の道を選んだ友人は賢い選択

高校生の時に仲の良かった友人の中に薬科大学に行った子が居ました。

私は夢見るお嬢さんで、芸能界に憧れありきたりな英文科に進み、芸能人は無理でも翻訳の仕事など英語を生かした職業に就きたいと考えていました。

しかしそうはうまくいかずありきたりな会社に就職し、ありきたりに結婚して、子どもが大きくなった時に復職しようとして、私には何の特技も資格もないことに気付きショックでした。

薬科大学に進学した友人はその後薬剤師として就職し、同じように結婚し復職するときに時給の高い薬剤師の仕事に戻ることが出来たのです。

じぶんの考えが甘かったなと反省しても今更薬剤師になることは出来ず、普通の時給のパートにしか就けず、ちょっと悔しいそして友人がうらやましい気持ちです。

パートの転職を考えるたびに薬剤師の求人が目にとまり、その時給に「いいなぁ」とため息をついてしまいます。

将来の事をしっかり考えて進路を決定すべきでした。

自分の甘さに後悔です。

詳しくは薬剤師転職サイト 比較をご覧ください。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.affordgate.com All Rights Reserved.